ここがパンチライン!(本とか映画、時々 新聞)

いま、物語で大事なのはあらすじではない。そこで語られている言葉とリアリティだっ!!ということで、卑怯で弱い人間を愛したい。人間の野蛮さ、愚劣さから目を背けたりしたくない。おのれ自身の端緒(根っこ)が絶えず更新されてゆくそんな経験をする、そのための記録。大江健三郎と吉田修一と。三島と太宰と。村上春樹と中村文則、小島信夫と舞城王太郎。カズオイシグロにミシェル・ウェルベック。カーヴァーとチャンドラー、ブコウスキーにキューブリック。コッポラにデビット・フィンチャー。ウディ・アレンもケヴィンスペイシーも。談志だって

映画 

『秋刀魚の味』

(62年松竹。小津の遺作と言われている) 秋刀魚食べるみたいな話ではありません。 エンディングで秋刀魚食べて、「やっぱり秋刀魚は目黒に限る」みたいなオチ、みたいな部分もありません。 秋刀魚要素は皆無。 美しいのは、娘・路子(岩下志麻、当時24歳…

『監督 小津安二郎(蓮實重彦)』

小津の映画ではキャメラが動かない と 小津にあっては、愛情の激しい葛藤が描かれない。物語の展開は起伏にとぼしい。舞台が一定の家庭に限定されたまま、社会的な拡がりを示さない。 事実、彼は、しばしば変化よりも一貫性を求めた。「豆腐やにトンカツを作…

『男たちの挽歌』

86年、香港。ジョン・ウー監督。 マフィア組織の幹部ホーと弟で警察官なりたてのキット。 仲違いする前の二人は、拳闘したり、逮捕するフリしたりベタベタ触ったりするじゃれ合いが愛らしく楽しい。 マフィアでコンビの弟分マーク(チョウ・ユンファ)は劇…

『ロスト・イン・トランスレーション』

03年、ソフィア・コッポラ監督。 カラフルな下着の女性寝姿バック(スカーレット・ヨハンソン)から始まるオープンショット。 200万ドルのギャラで日本までCM撮影にやってきたハリウッドスター ボブ・ハリス(ビル・マーレイ)。 CMディレクターからは「も…

『ブラック・スキャンダル』

今川焼とフライドポテトを買いに出て、冒頭見逃してしまった。。 愚かすぎる。 さて、本作はBased on true story. ジミー・”ホワイティ”・バルジャー(J・デップ)は出所したばかりの札付きの悪党。 たまに出入りする女性との間に出来た血のつながった子に…

『パリ、テキサス(ヴィム・ヴェンダース)』

84年、フランス・西ドイツの合作。 ロードムービーの傑作。 ロードムービー、それは長い距離を移動する物語。 さまざまな理由で、人は移動する。 恋人や家族を探して、敵を追い、組織から逃れて。 車で、バスで、電車で、徒歩で。 彼らは、どこからどこを移…

『アメリカン・ビューティー』

1997年。サム・メンデス監督。この映画が好きだ。 大みそかの夜、元旦へと日が変わってから、まだ起きていた友人と視る。初めて観たときから、「あまりにアメリカ的だ」という印象が離れない。アメリカ的な価値(その美質よりも、富や名声に象徴されるわ…

『サマーウォーズ(細田守)』

09年8月公開。細田守監督。 冒頭のコマーシャル 「仮想空間で拡がるバーチャル社会、さまざまな活動が簡潔する時代です!」 夏希先輩に夏休みのバイトに誘われ訪れたのは信州上田の旧家。 家族の前で、「わたしの彼。お婿さんになるひと!」 彼氏のフリし…

『オーシャンズ11』

スティーブン。ソダバーグ 監督。キャストの豪華さも確かにある。 こういう映画を観ないうちに語る際、 「どうせキャスト頼みのシリーズだろう」とあるべきではない。 「これだけのキャストなんだ、ハンパな本と演出にはならないだろう」と観るべきなのだ。 …

『インランド・エンパイア(デヴィッド・リンチ)』

www.youtube.com 06年作。主演 ローダ・ダーン。 開始15分は話が見えて来ない。意味不明。 ハリウッド女優ニッキーの家にご近所挨拶に訪れた、ばあさん。 半狂な話ばかりは暗示というか呪いの言葉たち。 翌日、エージェントから電話が「役が決まったの!」…

『Blue Velvet (デヴィッド・リンチ)』

86年、脚本・監督 デヴィッド・リンチ 夢と闇の中で描かれる暗示と象徴が、観るものに詮索とミスリードを起こさせる。 冒頭のシーン、芝生で何かに噛まれて倒れた親父。 草むらで”耳”を拾ったジェフリー(金物屋のせがれ)が警察に持って行く。 事件性に興味…

『007 spector』

サムメンデス・2作目。ダニエルの最後作かと騒がれている。公開週にコレド室町で観る。 予告編 www.youtube.com 冒頭は、メキシコシティ、極彩色のお盆・死者の日のお祭りシーン。 広場上級でのヘリコプター内での取っ組み合いはヘリもカメラも揺れる揺れる…

『007 DIE ANOTHER DAY』

ピアース・ブロスナン版。舞台は朝鮮半島 冒頭アクションで、北朝鮮の大佐とダイヤー武器を交換引き渡しするシーンから戦闘。 捕まって拷問シーンからのオープニングクレジット。 香港英国領で人質の交換 Mから「吐いたでしょ?」と言われ、007ライセンスを…

『007は二度死ぬ(YOU ONLY LIVE TWICE)』

ショーン・コネリー版ボンド 撮影の舞台は日本。ボンドガールも日本人女性。 宇宙空間で船外活動してたアメリカの宇宙船が大きな宇宙船に、パックマンの要領で喰われる。 中国の女と寝てる時、ベッド引っくり返されてベッドの裏(下)側から機関銃連射される…

『半落ち(原作:横山秀夫)』

ホノルルから成田までの機上で。04年作。 冒頭、「女房を殺した」と自首してきた、元警察刑事部の梶(寺尾聡)。 柴田恭平が群馬県の期待刑事として出てきて、冗談でも言ったときには誰もが、あぶない刑事を想起して台無しになりそうなところを、一応はその…

『007 スカイフォール』

MGMメトロゴールドウィンメイヤー、サム・メンデス監督。 興行収入は全世界で11億800万ドル MI6という諜報組織の本部本丸が、内部を熟知した人間にハッキングで狙われるスリリング篇。 007シリーズは、街中でドンパチやり過ぎる感が爽快だ。 Mに「あの…

『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』

ホノルルまでの飛行機で視る。 冒頭、壁のちかくで少年と少年と少女が青春を語り、 巨人登場するまで16分ほど。 初めて、巨人が何十人と登場するシーンは圧巻。 巨人の攻撃ってタイトルになるくらいだから、ここが一番の見せ所なわけだ。どういう造形の巨…

『悪い男(キム・ギドク)』

キム・ギドク作品は嫌いな日本人が多いだろうな、という印象。 間違っても、日本では成功しない。 いまのところ、そういった作品たちだ。 冒頭シーン、有名な街角ぶっちゅーシーン。 ベンチで恋人を待っている女子大生ソナを、隣に座ってじーっと見る男。 や…

『デューン/砂の惑星(デヴィッド・リンチ版 84年作)』

物語の設定と映画の始まりは複雑だ スパイスの取れる砂漠の惑星デューン スパイスは、人にさまざまな特殊能力を可能にする とすると、もちろんそのスパイスを宇宙中で奪い合っている。 ただ、スパイスを取るには、巨大な虫がを避けながら取らなければならな…

『重罪と経済(ウディ・アレン)』

90年作。アレンの監督、脚本、主演。 冒頭は船上でのパーティ挨拶。 眼科医は緊張している。 愛人から眼科医夫人宛の手紙には「3人の決着のために話をしましょう」とあった。 「私と一緒になると言ったじゃない」 「女盛りを捧げたのよ!?」 会えば脅迫め…

『マトリックス レボリューションズ』

マトリックス完結編。 アーキテクトと会った後、トレインマンのプログラムの中にさまよい込んだネオ。 トレインマンのプログラムからネオを解放するため、モーフィアス トリニティ セラフ(預言者の使い)とでクラブに乗り込む ついに預言者のところに迫るス…

『マトリックス リローデッド』

冒頭、トリニティの最期のシーンを観ている側に残す 「スーパーマンやってます」 ギュンギュン空とか飛んでる。 増え始めたスミスに、対応してる。 ザイル(人間が密かに暮らしてる地底空間)で滞泊 預言者に会うときのシーン、バックドアに直線通路で、両側…

『マトリックス』

ネオ:アンダーソン君モーフィアス(ローレンス=フィッシュバーン)トリニティ(キャリー=アンモス) あるプログラマ(ハッカー)が起きているのに夢の中にいるかのような感覚にとらわれ悩んでいる。異次元からの来訪者に、あなたがいるこの世界は、本物の…

『8月の家族たち』

バイオレット(メリル ストリープ)バーバラ(ジュリア・ロバーツ)カレンアイビーベバリーリトルチャールズマティーフェイおばさん だだっぴろい平原に道路いっぽん。まさに巨大なアメリカ中部。 果たして、”インディアンを殺してでも手に入れる土地だった…

『エレファントマン(デヴィット・リンチ)』

80年英製作。ヴィクトリア朝時代の英国で実際の人物ジョン・メリックをモデルにしている。外科医フレデリック・トリーブス(A・ホプキンス)興行師に見世物にされていたジョン、トリーブスの葛藤と献身、舞台女優と接しているうちに心を開く。 「詩編23篇は…

『ミリオンダラーベイビー(C・イーストウッド)』

フランキー(イーストウッドエディ”スクラップ アイアン”(モーガン・フリーマンマギー(マーガレット・フィッツジェラルド:ヒラリー・スワンク) ー語り手はエディ。04年作でアカデミー4部門独占。 ボクシングは尊厳を賭けた戦いだ。勝者は敗者の尊厳を奪…

『ミレニアム版 ドラゴンタトウー』

ハリウッド版があまりにおもしろかったので、オリジナル版を。 汚職事件の名誉訴訟に敗れて、島に館をかまえる一族からの依頼。 リスベット(ハッカー・要保護)が、と初めてミカエルが出会うのが90分過ぎ。 女と寝てる部屋で「君は裏の世界の有名なハッカー…

『ブラックダリア』

本作、LAを舞台とするサスペンス「LA四部作」と言われるということで観るしかないな。実際に起きた事件「ブラックダリア事件」をもとに原作が書かれている。ジェイムズエルロイ原作。監督ブライアン・デ・パルマ、06年作。 若くて見込みのありそうなイケメ…

『ギルバート・グレイブ』

93年作。若いレオナルド・ディカプリオ(アーニー グレイブ)、若いジョニー・デッ プ(ギルバート グレイブ)。レオナルド・ディカプリオ。レオナルド・ディカプリオ。 なんてカッコいい名前なんだろう。 舞台は”音楽なしのダンスみたいな街”。アイオワの…

『マーガレット・サッチャー(Iron Woman)』

「人に影響されてはいけない。」 父の教えは、生涯彼女の中で繰り返し反芻されてきた。 男たちばかりの英国議会で首相の立場にあっても。。。 冒頭からはじまり、本作全編を貫く回想シーン、夫デニスとのダイアローグ。 彼女が政界から引退し、夫にも先立た…