ここがパンチライン!(本とか映画、時々 新聞)

いま、物語で大事なのはあらすじではない。そこで語られている言葉とリアリティだっ!!ということで、卑怯で弱い人間を愛したい。人間の野蛮さ、愚劣さから目を背けたりしたくない。おのれ自身の端緒(根っこ)が絶えず更新されてゆくそんな経験をする、そのための記録。大江健三郎と吉田修一と。三島と太宰と。村上春樹と中村文則、小島信夫と舞城王太郎。カズオイシグロにミシェル・ウェルベック。カーヴァーとチャンドラー、ブコウスキーにキューブリック。コッポラにデビット・フィンチャー。ウディ・アレンもケヴィンスペイシーも。談志だって

「最高の離婚」考

f:id:design_your_life:20160303070133j:plain

最高の離婚」が再放送でやっていたので、最初から見直した。

 

このドラマの醍醐味は、通常では一家庭の一夫婦の犬も喰わない痴話喧嘩を、
○○家も巻き込んでの、ぶつけ合うシーンにあると思う。

 

しかもその修羅場で交わされる本音の吐露が、誠に人間的で魂の言葉なのである。