読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ここがパンチライン!(本とか映画、そんでときどき新聞の)

いま、物語で大事なのはあらすじではない。そこで語られている言葉とリアリティだっ!!ということで、卑怯で弱い人間を愛したい。人間の野蛮さ、愚劣さから目を背けたりしたくない。おのれ自身の端緒(根っこ)が絶えず更新されてゆくそんな経験をする、そのための記録。大江健三郎と吉田修一と。三島と太宰と。村上春樹と中村文則、小島信夫と舞城王太郎。カズオイシグロにミシェル・ウェルベック。カーヴァーとチャンドラー、ブコウスキーにキューブリック。コッポラにデビット・フィンチャー。ウディ・アレンもケヴィンスペイシーも。談志だって

『春の雪』三島由紀夫

環境や状況がいいときも悪いときも、苦しい、内面がこんなに苦しいんだ。
という話。政略結婚のため、叶わぬ恋愛結婚をこじらせこじらせ、自害と出家。

松枝侯爵家 清顕(きよあき)、綾倉伯爵家 聡子(さとこ)、蓼科、本多、飯沼、みね

境遇、容貌ゆえ、自己を愛す過ぎて人に自分を恃めない。
孤高なプライドの病気。自己の内面を友にさえ曝け出せない。
自分を愛してくれる人間を軽んじ、軽んじるばかりか冷酷に扱う。

「あの人を穢す!それが必要だ。あの人が二度と立ち上がれないような侮辱を与える!」
「そういう悪魔的な行動をするあなたの〜」という手紙の自家撞着全快。しかもそれを読んでくれるな。読む前に焼いてくれ、という身勝手な懇願。

「」

婚儀取り交わし勅許の後の、交接。

「手紙は返せない。またこうして遭いたいからだ」
なるほど、ここで脅迫する設定。そういうプレイか。

これ以上にない、シチュエーションプレイ。近代的非日常性向。