読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ここがパンチライン!(本とか映画、そんでときどき新聞の)

いま、物語で大事なのはあらすじではない。そこで語られている言葉とリアリティだっ!!ということで、卑怯で弱い人間を愛したい。人間の野蛮さ、愚劣さから目を背けたりしたくない。おのれ自身の端緒(根っこ)が絶えず更新されてゆくそんな経験をする、そのための記録。大江健三郎と吉田修一と。三島と太宰と。村上春樹と中村文則、小島信夫と舞城王太郎。カズオイシグロにミシェル・ウェルベック。カーヴァーとチャンドラー、ブコウスキーにキューブリック。コッポラにデビット・フィンチャー。ウディ・アレンもケヴィンスペイシーも。談志だって

『セッション』

TOHO CINEMAS錦糸町で『セッション』

劇中で要求されるストイックと劇場内の緊張(⇄弛緩)。
残酷なまでに投下される努力と、理不尽な報酬には引き込まれる。

車の激突のアングル(正面からトラックに当たられる)と驚嘆。

エンディング、舞台上でのフレッチャーの復讐と執念の食い下がり。

音楽(芸術)の前で、どんな相手でも嘘はつけない。

邦題「セッション」は最後に実現したという意味で、個人的にはありだと思った。


#whiplash