ここがパンチライン!(本とか映画、時々 新聞)

いま、物語で大事なのはあらすじではない。そこで語られている言葉とリアリティだっ!!ということで、卑怯で弱い人間を愛したい。人間の野蛮さ、愚劣さから目を背けたりしたくない。おのれ自身の端緒(根っこ)が絶えず更新されてゆくそんな経験をする、そのための記録。大江健三郎と吉田修一と。三島と太宰と。村上春樹と中村文則、小島信夫と舞城王太郎。カズオイシグロにミシェル・ウェルベック。カーヴァーとチャンドラー、ブコウスキーにキューブリック。コッポラにデビット・フィンチャー。ウディ・アレンもケヴィンスペイシーも。談志だって

『マトリックス』

 

f:id:design_your_life:20151020082012j:plain

ネオ:アンダーソン君
モーフィアス(ローレンス=フィッシュバーン)
トリニティ(キャリー=アンモス)



あるプログラマハッカー)が起きているのに夢の中にいるかのような感覚にとらわれ悩んでいる。異次元からの来訪者に、あなたがいるこの世界は、本物の世界じゃないんだと言われる。

救世主であることの伏線が準備されていく。


エージェントに捕まった取調室で、機械サソリみたいなものを体内に入れられる。
(さらに後でそれをレーザーバキュームで駆除する)

あまり説明のないまま一味に加えられた後の、マトリックス生まれするくだり(液体とテクノロジーにいいようにやられるシーン)

AIと人類が戦い、空は闇になる
畑で人間が機械に栽培される
そいつらを打倒し、体制をひっくり返すため、基本的なトレーニングを受ける(柔術、カンフーをインストールし、神経より早く動けるようになる)

 

 


預言者に合わせる(暗示の基幹、黙示録的物語感)
預言者はキッチンでクッキーを焼くおばちゃん

「救世主であることは、恋をしているのと同じよ。他の人は知らない。あなただけがわかっている」 

 

 

f:id:design_your_life:20151020082101j:plain

有名な、エージェントとの初めての戦闘シーン

f:id:design_your_life:20151020082137j:plain

 

 

 

預言者は私がその人を愛すると云った
だからあなたが死ぬはずはない



f:id:design_your_life:20151020082039j:plain



エンディング前の戦闘で、救世主は誕生する。


 

----------------------------------------

2回目視聴@Thai air機内(2018.4.30)


・オープニングはトリニティの戦闘シーン


・アンダーソン君は一度警察に捕まりメカサソリをヘソから入れられる→「虫の駆除よ」


・ネオの複製ができるシーンはお産の象徴的シーン


・2199年は暗黒の世界。人類は科学で太陽を隠したが、機械(AI)に負けた。やがて人類はAIに畑で栽培されるようになる


・インストールプログラム内で、ネオとモフィアスのカンフー対決


・「もしマトリックスで死ねば、現実にも」


・地底の人類世界ザイオン


・「スプーンを曲げようとしちゃダメだ。そんなことできない。そうじゃなくてただ真実を見ようとするんだ。スプーンなんてない。そうればスプーンを曲げるんじゃないってことがわかる。自分のことなんだよ。」


・預言者はクッキーを焼きながらネオと会う。


・「自分が救世主だと思う?」


・救世主であるのは恋をしてるのと同じよ。恋をしてるのはひとには分からない、ただ自分には分かる。


・彼女(トリニティ)は預言者に、救世主を愛することになると言われた。愛しそうになっている。でも彼は救世主じゃないのでは?


・「俺も信じているからだ。彼を助けられる」


・「道を知ってることと、歩くことは違う」


・だって最後、トリニティのキスで、ネオが生き返るんだぜ?