ここがパンチライン!(本とか映画、時々 新聞)

いま、物語で大事なのはあらすじではない。そこで語られている言葉とリアリティだっ!!ということで、卑怯で弱い人間を愛したい。人間の野蛮さ、愚劣さから目を背けたりしたくない。おのれ自身の端緒(根っこ)が絶えず更新されてゆくそんな経験をする、そのための記録。大江健三郎と吉田修一と。三島と太宰と。村上春樹と中村文則、小島信夫と舞城王太郎。カズオイシグロにミシェル・ウェルベック。カーヴァーとチャンドラー、ブコウスキーにキューブリック。コッポラにデビット・フィンチャー。ウディ・アレンもケヴィンスペイシーも。談志だって

『ぐっとくる映像にはルールがある 表現の技術(高崎卓馬氏)』

f:id:design_your_life:20151115120703j:plain

 

電通クリエイティブディレクター。

インテル入ってる、ドコモdビデオ、オランジーナ、行くぜ東北、などのCMCFで有名。提案する機会があったのでまとめて読んだ。

 

感情は振り子である。映像を作る際には、人のこころに変化を意識的に作り出す必要がある。

 

人は笑う前にかならず驚いている

 

ドラマとは秩序を与えられた葛藤である(観客は安心して不安になる。「優しい犯罪者」「黒人音楽が好きな白人」「魚が嫌いな寿司屋」、必要なのは対立)

 

テーマは普遍的なものでいい。そこに新しさはいらない。

 

 

www.amazon.co.jp