読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ここがパンチライン!(本とか映画、そんでときどき新聞の)

いま、物語で大事なのはあらすじではない。そこで語られている言葉とリアリティだっ!!ということで、卑怯で弱い人間を愛したい。人間の野蛮さ、愚劣さから目を背けたりしたくない。おのれ自身の端緒(根っこ)が絶えず更新されてゆくそんな経験をする、そのための記録。大江健三郎と吉田修一と。三島と太宰と。村上春樹と中村文則、小島信夫と舞城王太郎。カズオイシグロにミシェル・ウェルベック。カーヴァーとチャンドラー、ブコウスキーにキューブリック。コッポラにデビット・フィンチャー。ウディ・アレンもケヴィンスペイシーも。談志だって

『2択思考(石黒 謙吾)』

自己を更新してく 

f:id:design_your_life:20160108083534j:plain

今日ご本人にお会いするので、3つ目の著作をチェック。


自分の好みのパターンがわかっていることは、素早い決断につながる。

 

直感が働くのは、ふだんから「何でも選んでいるから」。

 

自分が好きなことを意識してない方が多いような気がします

 

 

対象物が自分からどれくらいの距離にあるかという意識は、好みを考えていくうえでとても参考になると思います。

 

考えないということは、自分でそのことをつまらなくしている。

違いを考えることで面白みは増していきます。

 

自分の好みのものや、それをなぜ好きになったか考えてみよう。

好みや嗜好性を知ることで、迷いがなくなり決断がスピーディになる

 

迷うことは、ひとつのエンタテイメントでもあるという発想の転換。

 

セレクトセンスを磨くためには、似ているものから選ぶ方がいい

 

まったく自分に関係ないものの好き嫌いを考えることは、新たな情報を処理することになり、あらためて自分の好みの傾向を明らかにしてくれるでしょう

 

www.amazon.co.jp