読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ここがパンチライン!(本とか映画、そんでときどき新聞の)

いま、物語で大事なのはあらすじではない。そこで語られている言葉とリアリティだっ!!ということで、卑怯で弱い人間を愛したい。人間の野蛮さ、愚劣さから目を背けたりしたくない。おのれ自身の端緒(根っこ)が絶えず更新されてゆくそんな経験をする、そのための記録。大江健三郎と吉田修一と。三島と太宰と。村上春樹と中村文則、小島信夫と舞城王太郎。カズオイシグロにミシェル・ウェルベック。カーヴァーとチャンドラー、ブコウスキーにキューブリック。コッポラにデビット・フィンチャー。ウディ・アレンもケヴィンスペイシーも。談志だって

『もののけ姫』

国民コンテンツ  アニメ 創作のヒント 

f:id:design_your_life:20160119094909j:plain

土曜の朝、撮り貯めてあった「もののけ姫」を観る。

ジムに行く予定だったので1時間だけと思って観始めたが、しまいまで観てしまう。

97年作。制作費24億円だという。魔女の宅急便が4億円だというのでいかに作り込まれているかがわかる。

地上波では既に8回放送しているが、14年放送時も21.9%視聴率があった。驚異的な人気だ。

 

 

f:id:design_your_life:20160119050732j:plain

「沈まれい。なぜそんなに荒ぶる!」

 

 

f:id:design_your_life:20160119050618j:plain

「いつもいつも、カヤは兄さまを思っております」

 

 

里に下り、市で出会った行者ジコ坊と森の中で火を囲み、新世界へのオリエンを受ける。

 

たたら場は女系社会。「いい村は、女性が元気だと聞きます。」

えぼし御前は住民の信頼を得る。

 

「俺たちの稼業は、山を削るし、気を切るからなあ」

 

 

オサ「生きることはまことに辛い。世を呪い、それでも人は生きたい」

 

 

「お腹いっぱい食べられるし、男がいばらないしさあ」 

 

猩々(ショウジョウ)

「人間喰う、人間の力 手に入れて。人間倒す」

 

 

f:id:design_your_life:20160119050256j:plain

サンが干し肉を食いちぎりアシタカに口移して食べさせるシーン

「シシ神さまがお前を生かした。だから助ける。」

 

モロ「少しは話のわかる奴が来た。」

 

 

数だけでは人間の石火矢には勝てぬぞ!

 

たとえ我が部族、ことごとく滅ぶとも、人間に思い知らせようと思う

 

 

乙事主は鼻(嗅覚)で全てを理解する。

 

 

f:id:design_your_life:20160119050218j:plain

サンの声は石田ゆり子

サンの表情がゆり子さんに似過ぎ。

作り手が、声の主を意識したなこりゃ。

 

 

f:id:design_your_life:20160119050538j:plain

アシタカ「あの子を解き放て!あの子は人間だぞ!」

モロ  「黙れ小僧!お前にあの娘の不幸が癒せるのか!?」

 

モロ「お前にサンが救えるのか!?」

アシタカ「わからぬ。だが、共に生きることはできる」

 

 

 

f:id:design_your_life:20160119050554j:plain

神の首を取り、怒り、ドロドロの液が山や里と飲み込む。まるで火山の噴火のように。

人間の驕りや冒涜に対する、大地の怒りであり、自然の怒りである。

 

 

とりわけもののけ姫のようなアニメーションは大人でも面白い。

それは物語として神話的世界を扱っており、対称性のある物語であるため異常なまでに示唆に富んでいるのだ。