読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ここがパンチライン!(本とか映画、そんでときどき新聞の)

いま、物語で大事なのはあらすじではない。そこで語られている言葉とリアリティだっ!!ということで、卑怯で弱い人間を愛したい。人間の野蛮さ、愚劣さから目を背けたりしたくない。おのれ自身の端緒(根っこ)が絶えず更新されてゆくそんな経験をする、そのための記録。大江健三郎と吉田修一と。三島と太宰と。村上春樹と中村文則、小島信夫と舞城王太郎。カズオイシグロにミシェル・ウェルベック。カーヴァーとチャンドラー、ブコウスキーにキューブリック。コッポラにデビット・フィンチャー。ウディ・アレンもケヴィンスペイシーも。談志だって

『反TPPの核心』佐伯啓思氏@2012年12月1日付 朝日新聞

f:id:design_your_life:20160414075324j:plain

 

今日の世界も金融の過度なグローバル化が進み、投機資本が国内経済を攪乱している状態で、自由貿易が双方の利益にならない。 

 

 

みんながもう少し『内向き』になった方がいい。欧州はそう考え始めたようにも見えます。

 

 

〜続ければいずれ行き詰まる。その後に出てくるのは市場や資源をめぐる帝国主義、激しい国家間対立です。そうなる前にグローバル経済のレベルを抑えないと

ーフランスの歴史学者エマニュエルトッドが言うように「グローバル経済のレベルと落とせ」と。

 

 

これ以上、新自由主義的な競争システムでやるべきではない。競争主義や成果主義、金銭主義から少しづつ撤退すべきです。