ここがパンチライン!(本とか映画、そんでときどき新聞の)

いま、物語で大事なのはあらすじではない。そこで語られている言葉とリアリティだっ!!ということで、卑怯で弱い人間を愛したい。人間の野蛮さ、愚劣さから目を背けたりしたくない。おのれ自身の端緒(根っこ)が絶えず更新されてゆくそんな経験をする、そのための記録。大江健三郎と吉田修一と。三島と太宰と。村上春樹と中村文則、小島信夫と舞城王太郎。カズオイシグロにミシェル・ウェルベック。カーヴァーとチャンドラー、ブコウスキーにキューブリック。コッポラにデビット・フィンチャー。ウディ・アレンもケヴィンスペイシーも。談志だって

『キューポラのある街』

f:id:design_your_life:20160724153010j:plain

 

日活、62年。

川口、キューポラ(鉄の溶鉱炉)

父親東野英治郎 ※小津キャスト、六代目?水戸黄門)は鋳物職人

 

もうとにかく、魅力といったらジュン(吉永小百合)。

 

f:id:design_your_life:20160724154049j:plain

スポーツ万能、人気者のジュン吉永小百合)。

 

f:id:design_your_life:20160724154303j:plain

パチンコ屋でバイトするジュン吉永小百合)。

弟をバシバシ叩く、手荒なジュン吉永小百合)。

バイト辞めるって伝えといて」と友だちに言った後で全速力で駈けていくジュン吉永小百合)。

 

ませた友だちに口紅を借りて塗ってみる、姉のジュン吉永小百合)。

f:id:design_your_life:20160724153502j:plain

 

 

落ち込んでるとこを「ぱーっと遊びにこ」と友だちに言われてダンスホールで踊りしばくジュン吉永小百合)。

f:id:design_your_life:20160724153820j:plain

 

街の悪い奴らに狙われるジュン吉永小百合)。

f:id:design_your_life:20160724153607j:plain

でも、間一髪逃れるジュン吉永小百合)。

一家一間で生活してるから、ガッコから帰宅して家族と話しながら着替えをしてスリップになるジュン吉永小百合)。

 

 

弟「そりゃ、そうだな。今より貧乏なりようがねえからな。ハハハッ」

 

オートレースで、オートバイが砂地のダート走ってる時代。

 

f:id:design_your_life:20160724154227j:plain

貧乏だけど、明るくて前向き!そして強い!(簡単にはヘコたれない!)

 

f:id:design_your_life:20160724154020j:plain

父「中学出たらみんな働くんだ!鋳物工場で働くんだ!ダボハゼの子はダボハゼだ!」

 

f:id:design_your_life:20160724153950j:plain

女はこうして(どうしようもない状況下でも深刻にならずに前を向いて)、歌ってきたのである。

 

f:id:design_your_life:20160724153934j:plain

ジュン「私、定時制高校に行くって決めたの。一度決めたことは変えたくないってだけなの。 〜中略〜 とにかく私はダボハゼじゃないから、安心してよお母さん。」

 

 

 

 

f:id:design_your_life:20160724153906j:plain