読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ここがパンチライン!(本とか映画、そんでときどき新聞の)

いま、物語で大事なのはあらすじではない。そこで語られている言葉とリアリティだっ!!ということで、卑怯で弱い人間を愛したい。人間の野蛮さ、愚劣さから目を背けたりしたくない。おのれ自身の端緒(根っこ)が絶えず更新されてゆくそんな経験をする、そのための記録。大江健三郎と吉田修一と。三島と太宰と。村上春樹と中村文則、小島信夫と舞城王太郎。カズオイシグロにミシェル・ウェルベック。カーヴァーとチャンドラー、ブコウスキーにキューブリック。コッポラにデビット・フィンチャー。ウディ・アレンもケヴィンスペイシーも。談志だって

『幸福の黄色いハンカチ』

f:id:design_your_life:20160726134932j:plain

 

77年、松竹。山田洋次監督。第1回 日本アカデミー賞受賞作。

高倉健倍賞千恵子武田鉄矢桃井かおり

北海道、ロードムービー、赤いファミリア。

 

f:id:design_your_life:20160726134704j:plain

いいよね。大人のドライブ旅行。

 

 

 

f:id:design_your_life:20160726134433j:plain

アケミ(桃井かおり 当時26歳)の冴えないこと。あまりの芋女っぷり。

我々の世代には現在の「いい女」訴求があってその間が抜け落ちてるからギャップが激しいのだ。

アケミの友だちが

「チャコと寝たって。私云ってやったのよアケミが可哀想だって」

昔の映画のいいところは、セックスの持つ意味が軽いところ。

 

 

で、武田鉄矢もお調子もんで、軽いところは金八以降の鉄也像しか知らない我々世代にはえらく面白い。砂浜でアケミとはしゃぎながら写真撮るところなんて爆笑できるところだ(なんせ砂浜に垂直ダイブしてシャッター押すんだから..)。 

 

それで、北海道ロードムービーなもんだから、ムショ出の健さんが何故かこの一行とファミリアで横断することに。

 

 

 

f:id:design_your_life:20160726134600j:plain

「何がおかしいんだ!笑うな!」

 

 

そんな夜の折々にも、鉄也はアケミに対して夜這いして失敗。

健さんからは毎夜怒られる。 

「草野球のキャッチャーのごった。わかるか?。。。。ミットもないってことだよ。」(これぞ貴重な健ギャグだ)

 

健さん曰く、「20代でめちゃくちゃやってた頃だ。ムショ入ってかえって箔がつくくらいの気持ちでな」

 

 

(健さんが、スーパーのレジ打ちの女性を既婚者かどうか確かめるとき)

「あの、あんた奥さんですか?」 

f:id:design_your_life:20160726135016j:plain

 

回想シーンだけどベストシーンの候補は、

健さんがハンカチ確認して酒買ってくるところ。

 

 

 

f:id:design_your_life:20160726134129j:plain

渥美清もちょい役だけどいい味出てたな〜

 

 

(刑務所で一方的な別れを切り出された光枝(倍賞)が)

「あんたって勝手な人だねー。一緒になるときも、別れるときも。」

 

 

 

んで、最後は夕張に向かう。ギリギリで一度ためらいながらも。

妻と再会したときも、健さん流。抱きあったりしないのだ。

 

f:id:design_your_life:20160726134241j:plain