読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ここがパンチライン!(本とか映画、そんでときどき新聞の)

いま、物語で大事なのはあらすじではない。そこで語られている言葉とリアリティだっ!!ということで、卑怯で弱い人間を愛したい。人間の野蛮さ、愚劣さから目を背けたりしたくない。おのれ自身の端緒(根っこ)が絶えず更新されてゆくそんな経験をする、そのための記録。大江健三郎と吉田修一と。三島と太宰と。村上春樹と中村文則、小島信夫と舞城王太郎。カズオイシグロにミシェル・ウェルベック。カーヴァーとチャンドラー、ブコウスキーにキューブリック。コッポラにデビット・フィンチャー。ウディ・アレンもケヴィンスペイシーも。談志だって

『はっとする1行 出会いたい』井上荒野、角田光代、川上未映子(7月31日付 朝日新聞)』

小説  創作のヒント 

f:id:design_your_life:20160801111321j:plain

三人の作家の「読んだ小説の魅力を逃さないために」。

さすが、みな第一線の作家。

言葉が有り体でなく、実感もちゃんとこもったものだ。

 

角田さんも学生時代の自分と重ねて「20歳くらいの頃は読んでいるものが限られているから、小説とはこんなものだと思ってしまうし、その中でしか作れない。そういう作品があると、もっと小説は広いですよ,惜しいなあ、と思います」。

 

川上さんは選考の際、自分の好き嫌いにはとらわれないよう心がけていると話した。「重視するのは、どんな言葉が使われて、どれくらい書くことに対して緊張しているか。思いみたいなものは一行に出ます」

 

角田さんは「シチュエーションでもテーマでも、はっとする瞬間を見逃さないように気をつけている」という。「そして、わからないものは人に委ねる。わたしのほうがその小説よりも小さい場合もあるから、わからないからマイナスじゃなく、選考会で皆さんに聞く」

 

井上さんは、「その人が、なぜその小説を書かなくてはいけなかったのかが伝わってくるもの」を評価すると話した。