読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ここがパンチライン!(本とか映画、そんでときどき新聞の)

いま、物語で大事なのはあらすじではない。そこで語られている言葉とリアリティだっ!!ということで、卑怯で弱い人間を愛したい。人間の野蛮さ、愚劣さから目を背けたりしたくない。おのれ自身の端緒(根っこ)が絶えず更新されてゆくそんな経験をする、そのための記録。大江健三郎と吉田修一と。三島と太宰と。村上春樹と中村文則、小島信夫と舞城王太郎。カズオイシグロにミシェル・ウェルベック。カーヴァーとチャンドラー、ブコウスキーにキューブリック。コッポラにデビット・フィンチャー。ウディ・アレンもケヴィンスペイシーも。談志だって

『タクシー・ドライバー』

f:id:design_your_life:20160918115015j:plain

76年、マーティン・スコセッシ監督。

ラヴィス。マリーン上がりの不眠症

いわゆるアメリカンニューシネマに位置づけられ、モノローグで進む。

奴らを根こそぎ洗い流す、雨はいつ降るんだ。

 

街で見かけたブロンドの女ベツィに岡惚れ。

大統領選候補者応援ボランティアをする彼女のオフィスちかくに車を停め、彼女を観ている。さながらストーカー。

 

果敢にベツィにアタックするトラヴィス

外に連れ出してお茶、次は映画に誘う。

ようやく連れ出した映画にも関わらず、入った映画がポルノ映画だったので怒って帰ってしまう。

「本気?ポルノよ?」

「ここはアベックが観にくる映画だ」

f:id:design_your_life:20160918115037p:plain

(モノローグ)やはり彼女もよそよそしく冷たい人間だった。

 (何でわかってくれないんだ。俺を理解してくる人は、理解しようとしてくれる人間はいないのか)

 

 

(トラヴィスが撃ったコンビニ強盗の黒人)

店主「まかせとけ、お前はもう行け。クソッタレ今年はこれで五回目だっ」 

 

 

(街で見かけた12歳で売りをしてた娘アイリス(ジョディ・フォスター)に対して、部屋に入っても)

「お前を助けてやる」と行為をさせない

(自分よりも弱い者に対して、レスキューファンタジーを抱く) 

f:id:design_your_life:20160918115515j:plain

 

 

身体を鍛え、特殊武器を自作し、モヒカンにして、

パランタイン(大統領候補)の、集会襲撃失敗。

f:id:design_your_life:20160918115204j:plain

 

ラストは売りをしていた娘のアパートに飛び入り、

娘を喰い物にしていた大人達と銃撃戦を繰り広げ、抹殺。生き残る。

f:id:design_your_life:20160918115237j:plain

 

Taxidrive battles Gangster.

の新聞見出し。

(実際は、憎い誰かを襲撃したかっただけの男が、ヒーローになれた皮肉)

 

 

エンディングでは、あの街を流すときのムーディーな音楽で街流しの途中、ベッツイを拾う。乗車代をおごり、タクシードライバーの日常に戻る。いくらか気分がマシになった日常に。

 

f:id:design_your_life:20160918115502j:plain