読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ここがパンチライン!(本とか映画、そんでときどき新聞の)

いま、物語で大事なのはあらすじではない。そこで語られている言葉とリアリティだっ!!ということで、卑怯で弱い人間を愛したい。人間の野蛮さ、愚劣さから目を背けたりしたくない。おのれ自身の端緒(根っこ)が絶えず更新されてゆくそんな経験をする、そのための記録。大江健三郎と吉田修一と。三島と太宰と。村上春樹と中村文則、小島信夫と舞城王太郎。カズオイシグロにミシェル・ウェルベック。カーヴァーとチャンドラー、ブコウスキーにキューブリック。コッポラにデビット・フィンチャー。ウディ・アレンもケヴィンスペイシーも。談志だって

『17歳のカルテ』

f:id:design_your_life:20161205214022j:plain

99年。原作はスザンナ・ケイセンの自伝『思春期病棟の少女達』。

ウィナノ・ライダー、アンジェリーナ・ジョリー

 

レンタルビデオ屋ではしばしば目についたジャケットが、なかなか手に取る機会を失っていた(なぜだろう、女二人の話だろうとタカくくったからかな)。

 

自身も境界性パーソナリティ障害で精神科入院歴があるウィナノ・ライダーが権利を買い取って製作総指揮したという力の入れよう。

 その一方で、リサを演じてアカデミー助演女優賞ゴールデングローブ賞助演女優賞全米映画批評家協会賞新人賞と総なめにしたアンジーに嫉妬するような発言もあったとか。要は食ってたんだな。アンジーが主役を。

f:id:design_your_life:20161205214106j:plain

 

 

(恋人、つうか寝ただけの男?のトビーが)

徴兵委員会が俺の誕生日を引き当てれば、俺はもう終わりさ。

 

 

f:id:design_your_life:20161205214647j:plain

 全体、リサが病院内のリーダーかつトリックスターとして躍動する。

7〜8人で病棟を抜け出して、ボーリングとか心療医の執務室に行ったり夜の遊び。

 

 

 

f:id:design_your_life:20161205214140j:plain

外出して、雪の日にアイスクリームパーラーに行ったときにかち合わせた教授夫人(スザンナが夫を寝取った夫人)が絡んできたとき、噛み付いたのがリサ。

まだ来でねえ〜。教授夫人〜。

 

 

とにかく破天荒で加減を知らないリサに対して、

スザンナは友情とか信頼みたいなものを獲得したのは間違いない。

 

 

この病棟で、あなたはまとも。

あなたはただの怠け者のわがままよ。

自分を壊したがっている子供よ。 

 

 

f:id:design_your_life:20161205214205p:plain

(リサは、退院したチキン屋の娘のデイジー(ブリタニー・マーフィー)が父親近親姦であること見破る)

あんたがパパにやられてんの、みんな知ってんだからねーっ

 

 

f:id:design_your_life:20161205214457j:plain

 

ここにずっといちゃダメよ。わかる?

 

 

物語の終盤。

スザンナは書くことに没頭した。

最後の夜、目を開けると誰もいない。

リサが地下で日記を朗読していた。スザンナの日記だ。

そこには冷静な観察者としてのスザンナが、病棟の患者(友だち)のことを記録していた(それは、仲間うちだけに見せる彼女たちの素直な部分と、観察者としての冷静な視点とを織り交ぜたもので、密告に近い雰囲気だ)。

 

つまり、「まともな人間が精神病棟に入ったら」という物語のアプローチだ。

 観察者としてのまともな人間を演じたライダーが、トリックスターとして躍動したリサを演じたアンジーに、勝てるはずがない。

 

f:id:design_your_life:20161205214829j:plain