ここがパンチライン!(本とか映画、時々 新聞)

いま、物語で大事なのはあらすじではない。そこで語られている言葉とリアリティだっ!!ということで、卑怯で弱い人間を愛したい。人間の野蛮さ、愚劣さから目を背けたりしたくない。おのれ自身の端緒(根っこ)が絶えず更新されてゆくそんな経験をする、そのための記録。大江健三郎と吉田修一と。三島と太宰と。村上春樹と中村文則、小島信夫と舞城王太郎。カズオイシグロにミシェル・ウェルベック。カーヴァーとチャンドラー、ブコウスキーにキューブリック。コッポラにデビット・フィンチャー。ウディ・アレンもケヴィンスペイシーも。談志だって

『すーちゃん(益田ミリ)』

 

女の子とのなんとなく思うこと、感じたこと、しちゃったこと。

を言葉にしている漫画(というよりエッセイ)だな。


こういうことを最近仲良くしているコピーライターの子とかと酒飲みながら話したい。

「一冊読み終えたあとなんとなく.表紙をながめます いい本だったな」とか...。

 

 

f:id:design_your_life:20170426065441j:plain

不倫してるんだけど、当たり前に寂しくしていて傷ついていて、心がねじまがってる自分に感じつつなんとかしたいと思ってるまいちゃんとか

 

 

f:id:design_your_life:20170426065535j:plain

女の世界では当たり前にしていること(男たちは実に無頓着で、こういうことに全く鈍感なこと、あるいは別にOSで考えているので導き出される対処が正反対であること)など

 

 

f:id:design_your_life:20170426065613j:plain

つつましくもたしかに自分の足で生きている現代女性(的なリアリティとか)

 

 

f:id:design_your_life:20170426065625j:plain

若い頃に自分がやられて嬉しかったことを自分が上になったといにやってあげるところとか

 

 

f:id:design_your_life:20170426065729j:plain

世の中の男の小さく、つまらないところとか...

 

 

 

f:id:design_your_life:20170426065802j:plain

日々の生活のなかの、ほんの一瞬のちょっとした後悔とか...

 

 

f:id:design_your_life:20170426065841j:plain

 

 

 

 

www.amazon.co.jp