ここがパンチライン!(本とか映画、時々 新聞)

いま、物語で大事なのはあらすじではない。そこで語られている言葉とリアリティだっ!!ということで、卑怯で弱い人間を愛したい。人間の野蛮さ、愚劣さから目を背けたりしたくない。おのれ自身の端緒(根っこ)が絶えず更新されてゆくそんな経験をする、そのための記録。大江健三郎と吉田修一と。三島と太宰と。村上春樹と中村文則、小島信夫と舞城王太郎。カズオイシグロにミシェル・ウェルベック。カーヴァーとチャンドラー、ブコウスキーにキューブリック。コッポラにデビット・フィンチャー。ウディ・アレンもケヴィンスペイシーも。談志だって

『カルテット(8)』:死ぬなら今かな?っていうくらい、今が好きです。

 

f:id:design_your_life:20170924223332p:plain

別府「いつもそのコーヒー牛乳飲んでますね。好きなんですか?」

すずめ「あ、はい。好きだってこと忘れるくらいいつも好きです」

 

 

 

f:id:design_your_life:20170924222946p:plain

家森「5文字しりとりする?か・た・お・も・い」

すずめ「いいんです。」

 

へえ〜からは何も生まれませんよ。へえ〜を生まないで

 

 

 f:id:design_your_life:20170924224858p:plain

「わしにもくれっ」

「何それ?」

「Vシネやってたときの台詞」

 

 

すずめ

「わたしの好きな人と、好きな人に行ってもらっていいですか」

「わたしの好きな人には、好きな人がいて。その好きな人も、わたしの好きな人で。うまくいって欲しくて」

 

 

 f:id:design_your_life:20170924225005j:plain

ちょっと、ちょっとだけ頑張るときってあるでしょ?

住所をまっすぐ書くときとか、エスカレーターの下りに乗るときとか。

バスを乗り間違えないようにするときとか。

白い服着てナポリタン食べるときとか。その人がいつも、ちょっと、いるの。いて、エプロンかけてくれるの。そうしたらちょっと頑張れる。そういう好きだってこと忘れるくらい好き。

 

 

それはきっと、高い絵を買わされるね。

 

 

f:id:design_your_life:20170924230732p:plain

興味のない人からの告白って夢の話と一緒でしょ。へーでしょ。

SAJの法則。

「好きです」には、「ありがと。」

「あー。あー、冗談です....」

 

このJでなかったことになるから。

 

 

f:id:design_your_life:20170924230619p:plain

このままみんなと一緒にいたいんです。

死ぬなら今かな?っていうくらい、今が好きです。

 

 

f:id:design_your_life:20170924230649p:plain

たこ焼き屋「ご夫婦?」

別府「いや、ただの僕の片思いです」

たこ焼き屋「はははっははー」