ここがパンチライン!(本とか映画、そんでときどき新聞の)

いま、物語で大事なのはあらすじではない。そこで語られている言葉とリアリティだっ!!ということで、卑怯で弱い人間を愛したい。人間の野蛮さ、愚劣さから目を背けたりしたくない。おのれ自身の端緒(根っこ)が絶えず更新されてゆくそんな経験をする、そのための記録。大江健三郎と吉田修一と。三島と太宰と。村上春樹と中村文則、小島信夫と舞城王太郎。カズオイシグロにミシェル・ウェルベック。カーヴァーとチャンドラー、ブコウスキーにキューブリック。コッポラにデビット・フィンチャー。ウディ・アレンもケヴィンスペイシーも。談志だって

「俺はデザインのことはわからない」は駄目なんです。

「俺はデザインのことはわからない」は駄目なんです。
ましてや一応、戦略と名の付いた戦略部門なんですから・・。

言った時点で、「降りた」と一緒です。
だとしたら、「わかる」と行っている人間に任せるべきなんです。

ただ一点、「いいのか悪いのか、わからない」という意味では誠に、庶民売りらしいですね。

オーナーシップがゼロじゃないですか。
外部にお願いして、いいかどうかわからないけど、これでいいや。」って


メディアがそういうことやってちゃいけないんです。
メディアが持つべきは見識とそれらを見極める目なんですから。