読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ここがパンチライン!(本とか映画、そんでときどき新聞の)

いま、物語で大事なのはあらすじではない。そこで語られている言葉とリアリティだっ!!ということで、卑怯で弱い人間を愛したい。人間の野蛮さ、愚劣さから目を背けたりしたくない。おのれ自身の端緒(根っこ)が絶えず更新されてゆくそんな経験をする、そのための記録。大江健三郎と吉田修一と。三島と太宰と。村上春樹と中村文則、小島信夫と舞城王太郎。カズオイシグロにミシェル・ウェルベック。カーヴァーとチャンドラー、ブコウスキーにキューブリック。コッポラにデビット・フィンチャー。ウディ・アレンもケヴィンスペイシーも。談志だって

木曜の夜、気持ちは急速に冷めていった。

その夜、上席と来期の体制について話をしてから、
気持ちは急速な冷めていった。
いい気になっていた。

世界に祝福されているとばかり思っていた。

もちろん、勘違いもあった。

あなたのスパルタな恋愛に付き合います、

申し込んだその日だったからかもしれない。

誰かを愛したい、という気持ちもあった。
編集、というものを見えない将来をライトアップするよすがにしようとしていた。

最初から、無理な恋のようなものだったのかもしれない。

明日僕には、住宅ローンスパルタンXの2つの支払いがある。
どちらかは支払い、どちらかは支払わないことになるのだろうか。