ここがパンチライン!(本とか映画、時々 新聞)

いま、物語で大事なのはあらすじではない。そこで語られている言葉とリアリティだっ!!ということで、卑怯で弱い人間を愛したい。人間の野蛮さ、愚劣さから目を背けたりしたくない。おのれ自身の端緒(根っこ)が絶えず更新されてゆくそんな経験をする、そのための記録。大江健三郎と吉田修一と。三島と太宰と。村上春樹と中村文則、小島信夫と舞城王太郎。カズオイシグロにミシェル・ウェルベック。カーヴァーとチャンドラー、ブコウスキーにキューブリック。コッポラにデビット・フィンチャー。ウディ・アレンもケヴィンスペイシーも。談志だって

『サラリーマン合気道(箭内道彦)』

箭内氏に提案する機会があり、下調べのためにも読んでみた。

 

あまのじゃく。王道とアンチ。全て解釈する。

こだわりやプライドを捨てて新しい視点へ。

 

サラリーマン合気道というワーディングは、つまりそういうこと。

 

多くの人間は自分が思いついたものを気に入ってしまうものですが、

 

イデアを書き留めないことで、
仕事や発想の可能性は常に無限大になる

 

 

 

f:id:design_your_life:20151201082309j:plain

www.amazon.co.jp