ここがパンチライン!(本とか映画、そんでときどき新聞の)

いま、物語で大事なのはあらすじではない。そこで語られている言葉とリアリティだっ!!ということで、卑怯で弱い人間を愛したい。人間の野蛮さ、愚劣さから目を背けたりしたくない。おのれ自身の端緒(根っこ)が絶えず更新されてゆくそんな経験をする、そのための記録。大江健三郎と吉田修一と。三島と太宰と。村上春樹と中村文則、小島信夫と舞城王太郎。カズオイシグロにミシェル・ウェルベック。カーヴァーとチャンドラー、ブコウスキーにキューブリック。コッポラにデビット・フィンチャー。ウディ・アレンもケヴィンスペイシーも。談志だって

『Blue Velvet (デヴィッド・リンチ)』

 

f:id:design_your_life:20160102211103p:plain

86年、脚本・監督 デヴィッド・リンチ

夢と闇の中で描かれる暗示と象徴が、観るものに詮索とミスリードを起こさせる。


冒頭のシーン、芝生で何かに噛まれて倒れた親父。

草むらで”耳”を拾ったジェフリー(金物屋のせがれ)が警察に持って行く。

 

 

f:id:design_your_life:20160102211313j:plain

事件性に興味をもったジェフリーは刑事の娘で大学生のサンディ(ローラ・ダーン)と知り合う。

 

エホバの証人になりすます。パンフレットもある。」

「あなたは探偵?それとも変質者?」

 

 

 

f:id:design_your_life:20160102211142j:plain

なりすまして出会ったドロシーの家に後日忍び込み、クローゼットに隠れているとバレて刃物を突きつけられる。一揉めしたあと「こうゆうの嫌い?」と誘惑され、ジェフリーもすっかり楽しむ気分に。

 

 

やがて現れたフランク(デニス・ホッパー

「脚を開けろ!こっちを見るな。」

 

f:id:design_your_life:20160102211426j:plain

口鼻に葉っぱを吸い込む吸引機を吸いながら「ママ、マミー!!」って股間に頭をつける。ベルベットを吹き付けながら、「ああ、イキそうだっ!!あーっ!」ってやりながら「見るんじゃね!!」

というプレイシーンがあまりにも鮮烈に頭の中に残る。観るものは以後もこの印象に幻惑、惹きつけられ続けるのだ。すごい演出効果。

女が「Hit me!」って連呼するようになる。


随所随所に登場人物たちが言葉にする「この世は不思議。」

まさにそうなんすよね。
不思議なこの世を効果的に描き出すリンチ的世界観は”夢と闇”によって演出される。


どんどんドロシーとの逢い引きにのめり込んで行くジェフリー。

「何でもやってあげる。 Anything」というドロシーに、女が自発的に「ぶって」と言うようになる。こりゃ、さっきのも女が好きでやっていたプレイなのか!!?という疑いを抱く(観ている方の認識する立場と価値とが転倒する)。

 

 

f:id:design_your_life:20160102211232j:plain

終盤、サンディーとパーティに行った帰り道でサンディーの元カレの逆上で吊るし上げられた裸のドロシーを、ジェフリーは抱いて介抱してあげる格好に(しかもよりによってサンディの家で。自分のカノジョの母親の前で、さらには「ああ私の秘密の恋人!」とか言われてるし)。

 

最後に、ドロシー宅でフランクと対決して勝利。

 


エンディングはストーリー的には平和裏に、構成としては一貫性さえ感じる上手な締めくくり。

こまどりを目にしながら、平和な家庭の絵にはサンディも。

「この世は不思議なところね。」