ここがパンチライン!(本とか映画、時々 新聞)

いま、物語で大事なのはあらすじではない。そこで語られている言葉とリアリティだっ!!ということで、卑怯で弱い人間を愛したい。人間の野蛮さ、愚劣さから目を背けたりしたくない。おのれ自身の端緒(根っこ)が絶えず更新されてゆくそんな経験をする、そのための記録。大江健三郎と吉田修一と。三島と太宰と。村上春樹と中村文則、小島信夫と舞城王太郎。カズオイシグロにミシェル・ウェルベック。カーヴァーとチャンドラー、ブコウスキーにキューブリック。コッポラにデビット・フィンチャー。ウディ・アレンもケヴィンスペイシーも。談志だって

『課長 島耕作(弘兼憲史)』

f:id:design_your_life:20180314231307j:plain

 

課長 #16巻
✔︎タイで現地の運転手ソーチャムに助けられる
✔︎総会屋に脅迫されて、社員の妻とのファック写真を本社の正面玄関にB全にして貼られる

 


課長 #17巻
✔︎役員末席(36番目)の中澤取締役が社長に。(木野社長、大原会長)
✔︎娘からの電話中に大町愛子が自宅までやってくる。コートを開けると裸だった。
✔︎大町久美子、結納を抜け出して島の元へ