ここがパンチライン!(本とか映画、時々 新聞)

いま、物語で大事なのはあらすじではない。そこで語られている言葉とリアリティだっ!!ということで、卑怯で弱い人間を愛したい。人間の野蛮さ、愚劣さから目を背けたりしたくない。おのれ自身の端緒(根っこ)が絶えず更新されてゆくそんな経験をする、そのための記録。大江健三郎と吉田修一と。三島と太宰と。村上春樹と中村文則、小島信夫と舞城王太郎。カズオイシグロにミシェル・ウェルベック。カーヴァーとチャンドラー、ブコウスキーにキューブリック。コッポラにデビット・フィンチャー。ウディ・アレンもケヴィンスペイシーも。談志だって

『メメント』

f:id:design_your_life:20180922075621j:image

出張先の水戸で行ったインドカレー「カルマ」

 

 

・物語を逆回しに。しかも断片的に。

 

・全身、メモ(入れ墨)だらけの男

 

・誰も信じられない(出てくる奴全員怪しい

・「条件付け。習慣と繰り返しで俺は生活できる。本能で生活する」

 

・ストーリーが断片的になる。少しづつ前の話がブロックで映る。

 

・操ろうとする者。嘘をつく女。

 

・妻との回想シーンを間違って覚えていた(妻に注射を打っていたのは自分だった..)