読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ここがパンチライン!(本とか映画、そんでときどき新聞の)

いま、物語で大事なのはあらすじではない。そこで語られている言葉とリアリティだっ!!ということで、卑怯で弱い人間を愛したい。人間の野蛮さ、愚劣さから目を背けたりしたくない。おのれ自身の端緒(根っこ)が絶えず更新されてゆくそんな経験をする、そのための記録。大江健三郎と吉田修一と。三島と太宰と。村上春樹と中村文則、小島信夫と舞城王太郎。カズオイシグロにミシェル・ウェルベック。カーヴァーとチャンドラー、ブコウスキーにキューブリック。コッポラにデビット・フィンチャー。ウディ・アレンもケヴィンスペイシーも。談志だって

『書く力 -私たちはこうして文章を磨いた-(池上彰・竹内政明)』

f:id:design_your_life:20170424222747j:plain

確かに、読んでいて「あまり面白くないな」と感じてしまう文章は、ほとんどの場合、厳しい言い方のようですが、構成に工夫が足りないとか、表現力が足りないとかいう以前に作者自身が「自分はこれから何を書くか」をはっきりとわかっていない。だから工夫のしようもない、あるいは工夫の仕方がズレている状態におちいってる気がします。

 とにかく「書くべきこと」をはっきりさせる。

 

 

自分の小さな経験から入る。身の回りを描きながら、地球の裏側で行われたオリンピックという大きな話題につなげていく。

 

「わかりにくい文章を書いている人は、その物事についてよくわかっていない」と考えています。自分でも内容を十分に理解できていないから、文章が整理できない。

 

自分が本当に分かっていることを、自分の言葉で書くというのが基本です。

 

 

土地の中学生の一団と、これは避暑に来ているらしい都会の学生の一団とが擦れ違った。海辺は大方の涼み客も引揚げ、暗い海面からの波の音が急に高く耳についてくる頃であった。擦れ違った、とただそれだけの理由で、彼らは忽ち入り乱れて決闘を開始した。驚くべきこの敵意の繊細さ。浜明りの淡い証明の中でバンドが円を描き、帽子がとび、小石が降った。三つの影が倒れたが、また起き上がった。そして星屑のような何かひどく贅沢なものを一面に撒き散らし、一群の狼藉者どもは乱れた体型のまま松林の方へ駈けぬけて行った。すべては三分とかからなかった。青春無頼の演じた無意味に無益なる闘争の眩しさ。やがて海辺はまたもとの静けさにかえった。私は次第に深まりゆく悲哀の念に打たれながら、その夜ほど遠い青春への嫉妬を烈しく感じたことはなかった。 

井上靖「海辺」

 

 

「手垢のついた表現」と「ベタな表現」は違いますね。

甲子園球児が宿舎で夕食のトンカツを<ぺろりとたいらげた>式の「手垢のついた表現」には読み手との交感がない。そう書いておけばラクだから、という思考停止の産物でしょう。

 

 

「なになにの被害者を見るやにわかに劣情を催し、同女をその場に押し倒し、強いて姦淫したものである」

 

 

・「こだわる」という言葉の使い方。本来的な意味は固執してはいけないときに固執してしまうこと。

 

 

 

www.amazon.co.jp

『すべての男は消耗品である(村上龍)』

f:id:design_your_life:20170424085903j:plain

誰かの批評本で、村上龍の著作で読むならこれ、みたいなスタンスで書いてあった。

「限りなく透明にちかいブルー」の発表前タイトルである「クリトリスにバターを」よろしく、このひとはコピーライティング的センスがあるようだ。

タイトルからして、ほとんど小説みたいにして、平成29年のいま読むべきものである。

 

男は、制度的に父親になるしかない。女が他の動物と同じように、生物学的に母親になれるのとは決定的な違いだ。

 

 

本当は、男は結婚を拒否したいのだ。どんなに好きないい女であっても、結婚をしないですむ方法はないかと考える。

 だけど、してしまう。

 なぜか?

 制度だからだ。制度をバカにしてはいけない。制度は強力だ。この世の中の、ほとんど百パーセントのことがらが、制度を支える装置としてある。

 制度に対抗するのは極めて難しい。男はきっと対抗できない。だが、制度というものは、あたりまえの話だが、嘘である、幻想である。人間が勝手に作ったものだ。必然性などはない。動物に制度は存在しない。動物に比べて人間は不完全だから制度を確立したのだ。

 

うんこを食べるために自分の女に一週間、フルーツだけを食わせるスカトロジストもいるそうだ。

 

 

兵隊は、男だ。最大の消耗品である兵隊は、男なのだ。銃後も悲惨だろう。とくに負け戦では空襲もあるし、大変だと思うが、男はもっと悲しいのだ。

 

 

制度には、意味はない。快楽を得ようと思えば、リスクを負って、制度の外へ立つしかないのだ。

 

 

 

オレがずっとロマンと呼んできたものは、 実は、自己確認のことだ。

自分が自分であることの確認だ。

三浦雅士風に言えばこうなる。

「自分を自分であると認めることは、まず自分を一人の他者であると見做し、その他者をさらに自分自身であると見做すことである(メランコリーの水脈)」

 

 

どんなに偉くなっても、みんな、男には、最下級の娼婦を買う可能性がある。そんな恐ろしく寂しい夜があるものだ。

 女にもあるのだろうか?

 オレにはわからないし、あまりわかりたくもない。

 

 

一人の女でずっと満足できたら、本当にどれほど楽かわからない。

だが、そうはいかの金玉なのだ。

 

 

オルガスムはあった方がいいが、なければ生きていけないというものではない。ところが、男のピュッピュッはそれがなくなれば間違いなく人類は滅ぶのである。

 

 

とにかくオレは人妻は誘惑しない。

 →本作で龍氏はこれを繰り返し仰られています。

 

 

ソフトな天皇

 

 

ストリップというのは女の裸を観に行くんじゃなくて、女が人前で恥を脱ぎすてていくその過程を眺めるのだ。

 

 

女なんてどうせみんな生理でしかものを考えられない動物なんだから、『いいかげんさ』が一番大切なんだ、

 

→平成29年のいま、当代の作家がこれを発言しようものなら、大炎上間違いなしのこのワーディング。しかし、小説の中であればできる!

 

 

君はスクエアだなあ。

 

 

 

恋愛関係にある男女が、ふと小さい頃も思い出話をする、何でもないようなことのようだが、ここに大切なことが含まれているのだ。

ーーそういう一見他愛もないことを、絶対に話せそうもない相手もいるのである。

 

あなたの恋人は、あなたに小さい頃のことを語っているだろうか。

そのことが親密度の基準になる。

 

 

 

彼女たちが反乱を起こし、新しい宗教が出現するまでは、オレのような遊び人が一時的に面倒を見るといううれしい状況が出来上がるわけである。

 

 

 

女子大生が処女を捨てにやってくる

 

 

 

『この人の閾(保坂和志)』

f:id:design_your_life:20170423111131j:plain

小田原での人との約束時間まで少し時間があったので、大学時代のサークルの友だちと久しぶりに会おうという話。その、きまぐれ感、なんとなくな設定はこの人の小説そのものだ。

 

「ふうん。

三沢君って、昔からけっこうヒューマニスト的なところがあったわよね」

ヒューマニスト的?ぼくは小さく笑っただけだったが、聞いた途端に悲しいような気持ちが起こった。記憶の中の真紀さんといまの真紀さんの違いを感じたのだ。サークルのあの部屋でしゃべっていた頃の真紀さんだったら"ヒューマニスト的"というような安直な言葉は使わないはずだった。

 

 

そういう何でもかんでも十把ひとからげにして雑に結論づけてしまうような週刊誌や新聞記事みたいな言葉を一番嫌っていた、というか敏感だったのが真紀さんで、ぼくは不用意な言葉をずいぶん指摘された。

(→こういうように相手にことを散々悪く、違和感を抱きながらもそういう人間と近接して生きるというのはどうだろうか。会う度に以前とは違う部分を発見しウンザリするんだけれどもそれでも交友関係を続けていく)

 

ぼくが「アル中って、病院に入ると必ず治せるんだけど、退院するとまた戻っちゃうんだって。三ヶ月で戻る人もいるし、三日で戻る人もいるし、十年たって戻る人もいるんだってさ」と言ったときも、真紀さんは「でも、三日で戻るのおと十年たって戻るのは全然意味が違うじゃないか」と言った。

「それは戻るの方にごまかされてるのよ。三日なのか三ヶ月なのか十年なのか、その長さに重点を置けばいいのよ

 

「うちのダンナなんか嬉々として働いちゃってるわ。毎晩終電でも全然平気。むしろ喜んでるみたい」

真紀さんの口調には嫌そうに言っているような感じがあったがぼくは黙っていた。ぼくは真紀さんに同調しないように気をつけた。嬉々として働くタイプはぼくも嫌いだが第三者が調子に乗ってそんなことを言うと怒りだすことだってある

 

 

「なんか言ってた?」

「こんなヤツだ部下にいなくてよかった』とか」

「わからなかったみたい」

ぼくは急に会社で一番嫌いなヤツの顔を思い出した。

 

 

 しかし嬉々として働いているタイプにはそういうくだらない計算はない。

 

ーーと、ぼくは前に何度か考えたことのあるこの考えを、このときもう一度考えた。

「ーーだからあたし、恋愛っていうものにあんまり免疫がなかったから、ダンナと結婚する前のつき合ってた期間は、ーー何て言うの?自分の感情の方に夢中で、あの人のことよくわからなかったのね」 

 

リベロ?小学生でリベロなんかいないだろ?」

いるもん。いますね。六年の高橋君はディフェンダーだけど攻撃参加するんですね」

 

 

「それにニーチェって、一瞬にしてわかるかそうじゃなかったら、ずっとわからないみたいな書き方でしょ?違うのよね。ヘーゲルとかハイデガーなんかの方がねちねちしてていい。 

 

「あたし、いまのあなたの話聞いてて『クジラが魚でないように、コウモリは鳥ではない』っていう構文思い出しちゃった」

 

 

ぼくは少し悲しいような気がした。真紀さんの口を借りて普遍的な母親がしゃべったような気がしたからだ。普遍的な母親というのはぼく自身の母親と言い換えてもいいのだろう。

 

『伸予(高橋揆一郎)』

 

f:id:design_your_life:20170305172427j:plain

 

83年6月が一刷である。

第79回芥川賞受賞作品。

芥川賞に偏差値をつける」という書籍で知った。 

高橋揆一郎。カッコイイ名前。

 

伸予。元女教師。たって戦前は、って話。

30年ぶりに、惚れた教え子と会う。自ら自宅に招いて。

積極的な女である。

 

今だったら、4050のおっさんたちが喜びそうな、性愛憧憬というか設定だ。

自費出版でこういうこと書きたいおっさんたちがごまんといるんだろうな、みたいな印象だけれど、当時は新しかったんだろ見える。

 

 

「おとうさんはね、まじめ一点張り。お酒だって付き合いだけ。わたしが頼んで浮気の一つもしてちょうだいといったぐらい、でも浮気はしなかったみたい」

 

p142 

 

 

「恐れ多くてとても、それにですよ、ぼくはまたあの自分の先生のことを、女学校出たての苦労知らずのお嬢さんの気まぐれかと思ってい」

 

p153

 

 

・女学校三年のとき、学校で戦地慰問の手紙を書かされたのがきっかけになった。

・女学生の手紙は兵隊に人気がある、とりわけ、若い将校に人気があるという離しだった。

 

p183

 

迫る男の頬を夢中で張った

 

p184

 

 

蝉の声が聞こえている。半分だけあげた窓のレースのカーテンがまつわりついていた。善吉のいうままに下のもとを脱ぎ捨てた。「上はいや」と伸予はいった。紺のブラウスを着たまま畳の上に横たわり、半眼になって舟型の天井を見ていた。

 

口を結んで善吉の動きに耐えていると、べつな涙がにじんでくる。やっと、という思いが先に立つ。体がよろこんでいるところはなかった。閉じ込めてしまったものは容易に目をさまさないものかも知れない。体中に力をこめてしがみついてた。

 

p205 

 

 

けっきょくのところ過去というものはなにやら宗教みたいなものかも知れないと思った。ねうちを信じたい人はそれにすがるけれど、それを認めない人にはたいした意味はないのだろう。

 

p224

 

 

 

https://www.amazon.co.jp/%E4%BC%B8%E4%BA%88-%E6%96%87%E6%98%A5%E6%96%87%E5%BA%AB-308-1-%E9%AB%98%E6%A9%8B-%E6%8F%86%E4%B8%80%E9%83%8E/dp/4167308010/ref=sr_1_2?s=books&ie=UTF8&qid=1488702251&sr=1-2&keywords=%E4%BC%B8%E4%BA%88

『「都市主義」の限界(養老孟司)』

f:id:design_your_life:20170305164631j:plain

 

会社の図書館で見つけた、養老翁の各種コラムや講演原稿を編み直したもの。

 最近、深夜のテレビで養老翁が加藤浩二の質問に答える番組やってて、急いで録画した。この人の話していることは、先達の経験と知恵として胸に留めておくべきことが多いような印象がある。

かつてバカ売れした「バカの壁」も当時読んだ筈だったけど、要点が思い出せない。

 

日本人は死んだ人の悪口をまずいわない。これも見ようによっては、「歴史の消し方」であろう。死ぬことが不幸なことであるだけに、それに加えて、生き残った者が悪口まで言うことはない。そういう優しい心情から悪口をいわれないものだともとれるが、べつなふうにもとれる。死んだら最後、世間の人ではなくなるのだから、もはや生きている人間の現世の利害に関わりはない。それなら誉めておけばいいという、きわめてドライな態度なのかもしれない。

p45 

 

 

亡くなった胡桃沢耕史氏の直木賞受賞作『黒パン俘虜記』は、その意味で参考になる。ウランバートルの捕虜収容所では、労働がきつくて食物の話である。俺はカツ丼だ、俺はカレーライスだと、思い思いのことをいう。そうした食物を考えてどうするのか。自慰をするというのである。

 生物の雄としては、これはたいへん合理的である。なぜか。食物があれば、個体は生き延びる。生き延びれば、次の種付けの機会を待つことができる。金持ち喧嘩せずである。食物がなければ、できるだけ早い機会に、つまり飢え死にする以前に、生殖の機会をもつ必要がある。つまり食べるか、種付けをするか、そのどちらでもいい。それならそういう限界状況では、食欲と性欲が一致するはずなのである。両者を区別する必要がない。男の脳はそういうふうにできているらしい。

p49

 

 

戦後社会の変革を、私は都市化と定義してきた。

平和とか、民主主義とか、経済の高度成長とか、ありとあらゆる表現もできよう。しかし私が経験してきた社会変化の基本は、要するに都市化である、理科的に表現するなら「脳化」なのである。そうした世界では、人々は自然を排除し、すべてを意識化しようとする。つまり人工化しようとする。

p80

 

 

だから一日に一度は、自然と対面すべきなのである。

日常生活を、むしろ自然によって妨害されるような様式に変えていくべきである。それなら自然について、考えざるをえなくなるからである。この前の日曜日、私は虫撮りに行くはずだった。しかし残念ながら雨が降ったのである。

(二〇〇〇年八月)

 p91

 

 

なぜ老化するかを調べると、じつにさまざまな意見があるとわかる。

ということは、正解がないということであろう。こういう場合、科学の常識では「まだ解答がわかっていない」という。

しかし、これもよくあることだが「質問が悪い」という場合もある。

 

p97

 

 

 (震災のあと  ※ここでいう震災は阪神淡路大震災

オフィスのドアを開けると、ーー彼は非常に几帳面な人なのですがーー部屋のなかがぐちゃぐちゃになっている。その惨状を見た瞬間、彼はかーっと腹が立って、こう叫んだというのです。

「だれがこんなことしやがったんだ!」と。私は笑って思わず「あんたは都会人だね」といったのですが、要するに地震だということがわかっているのにこういう反応をしてしまう。「先生、まだ腹の虫はおさまりません。こうなった以上は天皇陛下にやめてもらうしかありませんな」と、こうですから。

 

p132

 

 

ちょっとお考えいただきたいのですが、現在仏教国はどこにあるでしょうか。日本、モンゴル、チベット、ネパール、ブータンミャンマー、タイ、カンボジアラオス、ヴェトナム、スリランカです。世界地図を見るともののみごとにわかりますが、インドと中国という仏教の本家本元で仏教はきれいになくなり、残っているのは完全にその周辺だけです。

 ですから、仏教は都市宗教ではなく、自然宗教だと私は考えます。自然宗教は当たり前の話ですが、自然が残った地域に残ったのです。

 

p135

 

 

そもそも妊娠中絶が日本で「倫理」問題になったことは、世間の本音としては一度もない。それを私は確信している。胎児は母親の一部で、ゆえに母親の一部で、ゆえに親の処分に任されている。それが延長されれば母子心中となり、挙げ句の果ては、保険金のために息子に死んでもらうという同意になる。

ーー

それは外国の意見だけを顧慮した、一種の鹿鳴館政治に過ぎない。

 

 p152

 

 

肝心のことを隠そうとすると、人はしばしば饒舌になる。

それは警察官がよく知っていることである。

 

p200

 

 

Amazon CAPTCHA

『死んでしまう系のぼくらに(最果タヒ)』

f:id:design_your_life:20170304112425j:plain

思春期に読んだらやばい系だったわー

30過ぎても、ぐっとくる言葉たち。

 

 

詩の批評ってほんとに難しい(もちろん短歌よりも)。

共通理解や前提が少ないからだろうか。

個々が描いた風景について、おそるおそる語るしかないのだ。

 

意識される、死と他人の目。

キラリと光る、数行が、この詩人の歌集にはあった。

 

 

大切なものが死んだあとの大地はすこし甘い匂いがする

ベランダにあったはずの蝉の死骸がなくなっていて

生き返ったのかなとご飯を食べながら平然と思う

ーーー

ーーー

ーーー

(線香の詩)

 

 

 

私達のこのセンチメンタルな痛みが、疼きが、

どうかただの性欲だなんて呼ばれませんように。

昔、本で読んだ憂鬱という文字で、かたどられますように。

ーーー

ーーー

ーーー

(文庫の詩)

 

 

 

ーーー

ーーー

だれでもいいような世界にでていくのだから、だれでもいいような気持ちで愛を語ってごらんって。名言だ。大好き。

きみは別の子と手をつないで楽しそうだね。思う

ーーー

ーーー

愛について語れるぐらい、最低になりたいな。

寿命で死ぬのはブスって、きみに言われて生きたい。

 

(渋谷)

 

 

 

 

 

女の子の気持ちを代弁する音楽だなんて全部、死んでほしい。

いろとりどりの花が、腐って香水になっていく。

ーーー

ーーー

愛について語れるぐらい、最低になりたいな。

死ぬな、生きろ、都合のいい愛という言葉を使い果たせ。

 

 

(香水の詩)

 

 

 

 

 

ーーー

ーーー

女の子を侮辱しよう。

おまえらは悪魔だと侮辱しよう。

いつか泥まみれになって、泥を産んでそれをひっしで人間にしようと、あがくんだろう。と笑おう。

 

 

(骨の窪地)

 

 

君は犬みたいに信じて待つけれど

 

 

好きだった音楽をきいて心が爆発しなくなったら、

私の思春期はつまらない生命維持装置の心臓に

殺されたってことだろう。

恋のような苛立ちや焦りが、結局は性欲だったこと、

ただの大音量に本能で反応していたこと。知っていたよ。

私のスカートの下には肌がある。それは猫や犬と同じよ。

 

 

(スピーカーの詩)

 

 

 

ーーー

ーーー

愛してほしいというのは暴力だ、だから抱きしめたいと言ってみる。欲情でかたったほうがむしろ、信じられるって、言っていたのはどこの誰だっけ。だれも好きにならないで、そのまま結婚して子どもを産んで、死ぬ人生は、おだやかで幸福感に満ちていた。

 

 

(教室)

 

 

 

言葉も、情報を伝える為だけに存在するわけじゃない。

意味の為だけに存在する言葉は、ときどき暴力的に私達と意味付けする。その人だけのもやもやとした感情に、名前をつけること、それは、他人が決めてきた枠に無理矢理自分の感情をおしこめることで、その人だけのとげとげした部分は切り落とされ、皆が知っている「孤独」だとか「好き」だとかそういう簡単な気持ちに言い換えられる。

けれど、それは本当に、その名前のとおりの気持ちだったんだろうか。いつのまにか忘れてしまう。恋なんて言葉がなくても、私はそれを恋だと思っただろうか?

 

ーーー

ーーー

 

言葉が想像以上に自由で、そして不自由なひとのためにあることを、伝えたかった。私の言葉なんて、知らなくていいから、あなたの言葉があなたの中にあることを、知ってほしかった。

それで一緒に話したかったんです。

そんなかんじです。またいつか、お会いできたら嬉しいです。

ありがとう。

 

(あとがき)

 

 

 

 

https://www.amazon.co.jp/%E6%AD%BB%E3%82%93%E3%81%A7%E3%81%97%E3%81%BE%E3%81%86%E7%B3%BB%E3%81%AE%E3%81%BC%E3%81%8F%E3%82%89%E3%81%AB-%E6%9C%80%E6%9E%9C-%E3%82%BF%E3%83%92/dp/4898153895

『細雪(下)』

f:id:design_your_life:20170223082434j:plain

 

幸子の心情描写が多い巻。

姉妹の何気ない会話が醍醐味だろう。

女とは、仕事もせずに家にいると、細かいところまで言葉を交わしているのか、と感心するほどである。

 

ちなみに、作中トピック箇条書きという野暮なことをするとすると、

◆ 帝国ホテルにアメリカへ行く井谷の送迎品を買いに。皇記2600年祭(1940年)で大いにホテルが混む。

◆ 人目に触れぬよう妊娠したこいさん有馬温泉に匿う。

◆ こうやってみんな出て行くんだな、寂しい。とか思いながら、幸子の下痢はその日も止まらずに汽車に乗ってからもまだ続いていた。 で、小説が閉まる。

 

彼女は、自分がつい昨日も、あの時から引き続いて何回目かの見合いをしたところであり、今日はその帰途であることを思い、もしその事実をこの男が知ったらと思うと自ずから身が竦むような気がした。それに生憎と、今日は一昨日とは違って、余りぱっとしない色合いの友禅を着、顔の拵えも至って粗末にしているのであった。

→かつてお見合いで振った相手に対する見栄とか、さもありなんと面白く。

 

私は自分の身内からそう云う妹を出したことを恥らしく思います。蒔岡家に取ってもこの上ない不名誉です。聞けば雪子ちゃんまでがこいさんの味方をして、今度のことも私たちに知らせる必要はないと云ったとか。

 

 

幸子はまずいことになったと思った。雪子の電話嫌いは一族の間でも有名になっているので、

 

断るにしても尤もらしい口実を構えて言葉上手に断ったのならまだしもであるが、どうせそんな芸当の出来る人ではないので、さぞ不細工に、取って付けたような挨拶をしたことと思うと、幸子は何がなしに口惜し涙が溢れて来た。そして、眼の前に雪子を見ていると一途に腹が立って来るので、ぷいと階下へ降りて行って、テラスから庭へ出た

 

 

 雪子さんにああ云う態度を取らして置く幸子さんの気持が分からない、今時華族のお姫様だって、宮様だって、あんなでよいと云う法はないのでに、いったい幸子さんは自分の妹を何と思っているのだろうかと、丹生夫人は云っていた

 

 

その、どんよりとした底濁りのした、たるんだ顔の皮膚は、花柳病か何かの病毒が潜んでいるような色をしていて、何となく堕落した階級の女の肌を聯想させた。

 

 

ただ何処までも、自分の肉親の妹をそんな不良の女であると思いたくなかったこと

 

 貞之助は妻のそう云う子供じみた所作に何年ぶりかで接した気がしたが、夫婦は云わず語らずのうちに、もう十何年前になる新婚旅行当時の気分に返っていた

 

 

今月は二千六百年祭でいろいろの催しがございますので、雑誌の方も相当忙しゅうございますの、

 

ーーー観艦式の明くる日が、大政翼賛会の発会式、それに靖国神社の大祭も始まっておりますし、二十一日には観兵式もございますし、今月の東京は大変なんでございますのよ。

 

「わたくし、実は顔のシミのことも申しましたのよ」

 

 

幸子たちは十二時前に此処へ来たのに、やがて二時になってしまい、五時と云う今夜の会に間に合うかどうか心もとなく、二度と再び資生堂なんかへ来るものではないと、腹立たしさを怺えながら苛々していたが

 

 

「雪子ちゃん、よう覚えとき。ーー大安の日なんかに知らない美容院へ行くもんやないで」と、幸子は口惜しそうに云った。

 

 

 妙子は安楽椅子の腕の上に横顔を載せ、どろんとした眼を幸子に注いで、

「うち、多分二三箇月らしいねん」

と、いつもの落ち着いた口調で云った。

 

 

(幸子:)普通の思いやりがあるのなら、旅行中は何があろうとも辛抱し、家に帰って精神的にも肉体的にもあたしが平素の落ち着きを取り返した頃を見計らって、徐ろに打ち明ける、と云う風にすべきではないか。・・・

 

 

そう云えば、昔幸子が貞之助に嫁ぐ時にも、ちっとも楽しそうな様子なんかせず、妹たちに聞かれても、嬉しいことも何ともないと云って、きょうもまた衣えらびに日は暮れぬ嫁ぎゆく身もそぞろ悲しき、と云う歌と書いて示したことがあったのを、図らずも思い浮かべたが、下痢はとうとうその日も止まらず、汽車に乗ってからもまだ続いていた。

 

 

 

(解説)

(戦中当局により言論弾圧の中) 関西の上流中流の人々の生活の実相をそのままに写そうと思えば、時として「不倫」や「不道徳」な面にもわたらぬわけには行かなかったのであるが、それを最初の構想のままにすすめることはさすがに憚られたのであった。

 

 

 

https://www.amazon.co.jp/%E7%B4%B0%E9%9B%AA-%E4%B8%8B-%E6%96%B0%E6%BD%AE%E6%96%87%E5%BA%AB-%E8%B0%B7%E5%B4%8E-%E6%BD%A4%E4%B8%80%E9%83%8E/dp/4101005141