ここがパンチライン!(本とか映画、時々 新聞)

いま、物語で大事なのはあらすじではない。そこで語られている言葉とリアリティだっ!!ということで、卑怯で弱い人間を愛したい。人間の野蛮さ、愚劣さから目を背けたりしたくない。おのれ自身の端緒(根っこ)が絶えず更新されてゆくそんな経験をする、そのための記録。大江健三郎と吉田修一と。三島と太宰と。村上春樹と中村文則、小島信夫と舞城王太郎。カズオイシグロにミシェル・ウェルベック。カーヴァーとチャンドラー、ブコウスキーにキューブリック。コッポラにデビット・フィンチャー。ウディ・アレンもケヴィンスペイシーも。談志だって

『女たちよ!(伊丹十三)』

f:id:design_your_life:20171119222830j:plain

 

アイルランドイングランドとの関係は、朝鮮とわが国の関係に似たところだある。  アイルランドは非圧迫民族である。

オスカーワイルド、バーナードショー、いずれもアイルランド人。

 

たとえば水戸光圀公は、塩鮭の皮が好きで好きでたまらない。

 

 

ときどき積年の蒙を開かれて、あっと叫びたくなることがある。

 

結局、車を買う側にテーマがないのだね。

 

 

あんまり簡単過ぎると、なんだか女と寝ていたってなんだか体操やってるみたいでさ。

 

音をたてずに食事するのは、泥棒か貴族に決まってるのよ、といった口をきく。

 

女と話をするのは苦手である。はっきりいって、うんと程度を落とさねばならぬ

 

ごく個人的だったはずの経験が、これでいっぺんに手垢のついた既製品に変化してしまう。

 

 

 

『WALKING DEAD ウォーキングデッド(シーズン7)』

以下、メモ。
 
シーズン7のオープニングはいささかセンセーショナルだった。
飽きられないためにはこれくらいのインパクトが必要だったのだろう。
オープニングメンバーのグレンがとうとうララバイした。
しかもあまりにインパクトのある残酷な仕打ちで...。

f:id:design_your_life:20171119184345j:plain

 
 
 
『WALKING DEAD 7』-⑩

f:id:design_your_life:20171119183648p:plain

✔︎救世主ニーガン
 
 

f:id:design_your_life:20171119183911j:plain

✔︎夫(ドワイト)の命を救うため、ニーガンと結婚したシェリー。ここでいう結婚とは、つまりこんな世界における結婚とは居住を共にするというより社会的にセックスが許されるということ。
 

「みんな何かを信じたい」

 

✔︎圧倒的な物資と独裁者による思想強化。周辺国への服従朝貢
✔︎「Im ニーガン」踏み絵による宣誓。

『あなたは善人だと分かる。善人は残り少ないわ』
 

 

「彼女のために致死毒が2つ欲しい。念のため」と言った二人の女。
 
 
『WALKING DEAD 7』-11
「ここ2日で見つかったのは銃二丁とマカロニ一袋だけ」
でも戦ってる。それがいい」 

 

✔︎決壊した良心
 
 

『明暗(夏目漱石)』

f:id:design_your_life:20171119183123j:plain

 

朝日新聞での連載作品。人間の利己(エゴイズム)を扱った近代小説。未完。

以下、メモ。

 

津田由雄30歳、会社員。
→新婚の細と淡白な会話
父親が金を送ってくれない吉川にでも借りるか
→叔母さんから「あんたは贅沢すぎるよ」
→叔母甥で結婚観を議論
→姪っ子の結婚生活を心配する叔父
→夫を操る手際に不安を抱く
(性格の悪い家族ばかり)
→嫌な性格の小林、外套を貰いにくる
→兄妹の会話「あなたは変わった嫂のせいで」
→どう無心した金を病床の兄が受け取るか
→「人の好意を受けないあなた方は不幸になりますよ」と妹
(それぞれが自分の解釈に当てはめようとして会話している
→昔の女に、も1度目気持ちをぶつけたら?
夫婦の間の闇、そこに第三者入れ知恵をしたり
「金を貸してやる相手との待ち合わせなんだから遅れて行こう」とか
→ほんと最低な男・小林
→昔の女(清子)の湯治先の温泉に。また色っぽい話をしたいのにさせない女
 
 

サンクチュアリ(4): 俺は三日であんたを抱ける!

f:id:design_your_life:20171107033537j:plain

とにかく旧体制(ぬるま湯に浸かってた全世代に)に対して怒ってんだよな。

怒りはパワーだよな。

 

 

f:id:design_your_life:20171107033611j:plain

何度でも言おう。

自分がヤクザに抱かれたいのに「抱かせてあげる」とカッコつけてこぼす杏子は、東大卒警視である。

 

 

f:id:design_your_life:20171107033655j:plain

毎度恒例、杏子のお色気省察のお時間です。

 

 

 

f:id:design_your_life:20171107033742j:plain

俺は三日であんたを抱ける!

公衆の面前で憚らず、艶を出し身悶える杏子。東大卒。

 

 

f:id:design_your_life:20171107033835j:plain

米国の大統領補佐官・ビゼット女史に、漢を見せつける浅見。

ベッドでコマしといて、「あんたは大統領に。そして俺は総理大臣に」とか。。。

 

 

f:id:design_your_life:20171107033910j:plain

こちらも恒例、クレイジー渡海の、“その日店に入った一番可愛い子をトイレに連れ込んじゃう”十八番。もちろんこれ犯罪。

 

 

 

f:id:design_your_life:20171107034020j:plain

こうなったら杏子は、お酒に酔ってかまってくれない彼氏の家に押し掛けるOLみたいなことしちゃうんだからっ。これだから免疫ない東大卒は...

 

 

5巻へ続く。

サンクチュアリ(2)「すべてあんた達の戦いだ!!」

f:id:design_your_life:20171106125524p:plain

 

ほんっとにこのマンガは(ていうよりは史村翔×池上遼一コンビ)は設定・展開ともにトンデモなんだけど、それを補って余りある名シーン、名言が多いんだよなあ。

 

 

 

f:id:design_your_life:20171105160504j:plain

参加の組長を差し置いて2代目に成り上がった北條。兄貴分・渡海によって手荒くはねつけられた参加組長の自宅にいち早く挨拶し、妻や娘たちへも既に取り入って、贈り物なんかをしていた。

 

 

f:id:design_your_life:20171105160750j:plain

クレイジー渡海が、北條を嗅ぎ回る東大卒美人警視・石原杏子に挨拶がわりの挿入をしようとしていると、スーツからポロリ落ちるパスケースには北條の写真が...。

「そんなもん見ちゃ、こっちが立ったたねえぜ」と渡海。このとんでもかつベタ過ぎる人物要素の積み重ねが、わかっちゃいるけど魅せられるシーンを作り上げていく。

 

 

 

f:id:design_your_life:20171105161224j:plain

んでその後のシャワーを浴びながら、東大卒、できる女の女の内省と身悶え。

「なんで女なんかに生まれてきたの」ってかー。

 

 

 

 

f:id:design_your_life:20171106130013j:plain

ま、これは皆さん日本史の教科書でご存知の名シーン。戦後政治の名シーンのオマージュですな。

 選挙演説中に知名度のない候補が刺される!単独犯の犯行ということになったが、誰の差し金であるとかは問題ではない。選挙中に最高の形で"目立つ"ってことがミソだったわけで...。

 

 

f:id:design_your_life:20171105161624j:plainそんで、民衆を奮い立たせる本音と「君たちはどう生きるか」的な逆に聴衆に問う演説。日本民自党幹事長・伊佐岡も、敵ながらアッパレ感。こいつはトップ当選する、と。

 

 

f:id:design_your_life:20171105161823j:plain

で、キッチリお色気シーンも満載。

熱い男の、正義と夢が作るまっすぐなエロスだ。

 

 

f:id:design_your_life:20171105161949j:plain

そ、そこ吸うかあ。ド変態め。。。

 

俺には夢がある!

って言ってる男が本当にカタギじゃないから、どんな男勝りな女も、女にさせてしまうんだこの北條って男は。

 

 

 

3巻へ 続く。

 

雨の衆院選の週末の前に

f:id:design_your_life:20171020035530j:plain

 

雨の衆院選週末を前に。

 

多くの自民党支持者たちは大体共通して共産党を嫌っている。

感情的に嫌悪している。

きっと彼らは、街中で中国人観光客を見ると嫌そうな顔をする。

排他的で、狭量な、島国日本人の典型的な姿だ。

 

この人たちの家の本棚を、少しのぞいてみたいものだ。

きっとマンガか、そういう本しか置いてっこない。

 

狭い歩道に、自転車ななめに停めてしまう人たちだ、きっと。

 

文芸趣味のある10個も上の先輩におもむろに、

「○○さんは、選挙どこ入れるんですか?」と聞くと、

「立憲に決まってんだろー」と返ってきた。

 

世の中は意外と、そうではなくて、そういうものかもしれない。

 

 

 

『往復書簡:初恋と不倫 (坂元裕二)』

f:id:design_your_life:20171009231615j:plain

 

不帰の初恋、海老名SA。カラシニコフ不倫海峡。

 

 

不帰の初恋、海老名SA

どうして三崎さんには僕が見えるのですか。不思議です。

 

そういうことに旅のしおりを作る人はいません。

 

豆生田にはチャーハンをおかずにしてご飯を食べる特技がありました。

 

悲しみを伝えることって、暴力のひとつだと思います。わざわざ人に話すことじゃなかった。

 

その人の前を通り過ぎるという暴力。それは多分金槌で頭を叩くこととそう変わらないことなのだと思います。

 

 三崎さん。君に借りがありました。あの時君が助けてくれたこと。君が手紙にして靴箱に届けてくれたこと。あれ、返したいです。君の力になりたいです。

 

君がいてもいなくても、日常の中でいつも君が好きでした。

 

 

カラシニコフ不倫海峡

ボウリング場に行って、朝まで他人のボウリングを眺めていました。

 

 

待田さんは人と会う約束をして、その相手もボーダーだったときのことはお考えにならないのでしょうか。飲み会に行ったら全員ボーダーだった時のことは考えないのでしょうか。

 

 豆生田はサザエさんの髪型は何らかの伏線だと信じておりました。いつかあの伏線が回収されるに違いないと信じて、サザエさんを欠かさず見続けていたのです。

 

 そんな男と結婚するなんて、罰ゲームのようなものだ。そりゃ浮気ぐらいするさ。そりゃもう定置網で魚をとるようにばんばん浮気するさ。 

 

待田健一

出したくない元気は出さなくていいと思いますよ。人生は竹内まりやさんが思うよりは悪いものです。

 

田中史子

竹内まりやさんってどなたですか。

 

 また来ましょうね。はい、せっかくカードもらったし、スタンプ貯めましょう。何かもらえるんですか。十個貯まると、無料券がもらえるみたいです。十個ですか。セックスを一個、二個、三個って数えるみたいですね。彼女が口元に手をあてて笑いました。

 

 

 すべり台が四十五万円、ジャングルジムが六十万円、ブランコはひとり用十六万円、余人用二十八万円、鉄棒が三つで十一万円。大体そんな感じです。

 

 

 

www.amazon.co.jp